日本選手の海外移籍まとめ(2019/8/23 朝 加筆) 

(リンクは、そのクラブの着用画像あり)

 

スペイン リーガ・エスパニョーラ(1部)

 2019/08/22 久保 建英( マヨルカ ⇐ レアル・マドリード ) パリ五輪世代

 2019/07/24 乾 貴士 ( エイバル アラベス )          フル代表

 2019/02    井手 航輔( レガネス )                 東京五輪世代

 

スペイン リーガ123(2部)

 2019/08/09 香川 真司( サラゴサドルトムント ) フル代表

 2019/07/30 岡崎 慎司( マラガ レスター  )      フル代表 

 2019/07/14 柴崎 岳 ( デポルティボ  ヘタフェ ) フル代表

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images

 

スペイン 3部

 2019/07/15 安部 裕葵( バルセロナB 鹿島 )             東京五輪世代

 2019/06/14 久保 建英( レアル・マドリード カスティージャ FC東京 ) パリ五輪世代

 

 

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images

 

スペイン 4部

 2017/06/27 山口 瑠伊( エストレマドゥーラB ⇐ ロリアン U-19 )

 

ドイツ ブンデスリーガ(1部)

 2019/08    鎌田 大地( フランクフルト 復帰 ⇐ シント=トロイデン ) フル代表

 2018/05/16 大迫 勇也( ブレーメン ⇐ ケルン )             フル代表

 2014/06/02 長谷部 誠( フランクフルト  ニュルンベルク )       フル代表

 

ドイツ 2部

 2019/08/13 遠藤 航 ( シュトゥットガルト ⇐ シント=トロイデン ) フル代表

 2018/06/12 原口 元気(? ⇐  ハノーファー)              フル代表

 2015/06/18 宮市 亮 ( ザンクト・パウリ  トゥエンテ        フル代表

 

イングランド プレミアリーグ(1部)

 2019/08/03 食野 亮太郎( ハーツ? ⇐ マンチェスター・シティ ⇐ ガンバ大阪 ) 東京五輪世代 

 2018/07/27 武藤 嘉紀 (  ニューカッスル ⇐ マインツ )            フル代表

 2012/08/30 吉田 麻也 ( サウサンプトン  VVVフェンロ )            フル代表 

 

イタリア セリエA(1部)

 2019/07 09 冨安 健洋( ボローニャ シント=トロイデン ) 東京五輪世代

 

イタリア セリエB(2部)

 2018/07    サイ・ゴダード( ベネベント )

 

フランス リーグ1(1部)

 2018/12/29 昌子 源 ( トゥールーズ ⇐ 鹿島 )    フル代表

 2018/08/30 川島 永嗣( ストラスブール  メツ )      フル代表

 2016/06/24 酒井 宏樹( マルセイユ  ハノーファー  フル代表

 

オランダ エールディビジ(1部)

 2019/07/09 ファン・ウェルメスケルケン・際( ズウォレ ⇐ カンブール )    リオ五輪世代

 2019/07/16 中村 敬斗( トゥエンテ  ガンバ大阪 )            東京五輪世代

 2019/06/18 菅原 由勢( AZ 名古屋 )                    東京五輪世代

 2019/01/15 板倉 滉 (フローニンゲン ⇐ マンチェスター・シティ ⇐ 川崎 )  東京五輪世代

 2019/01/14 中山 雄太( ズヴォレ ⇐ )                 東京五輪世代 

 2017/06/23 堂安 律 ( PSV? ⇐ フローニンゲン              東京五輪世代

 2016/08/12 小林 祐希( シンシナティ? ⇐ ヘーレンフェーン )       フル代表

 

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images

 

ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ(1部)

 2015/08/22 伊藤 達哉( シント=トロイデン ⇐ ハンブルガー )   東京五輪世代

 2019/08/20 三好 康児(アントワープ ⇐ 横浜FM )             東京五輪世代  

 2019/07/15 鈴木 優磨( シント=トロイデン ⇐ 鹿島 )       リオ五輪世代 

 2019/07/01 シュミット・ダニエル( シント=トロイデン  仙台 ) フル代表

 2019/05/20 久保 裕也( ヘント 復帰 ⇐ ニュルンベルク )      フル代表

 2019/02/02 伊東 純也( ヘンク )               フル代表

 2019/01/30 森岡 亮太( シャルルロワ  アンデルレヒト )      フル代表

 2018/07/12 植田 直通( サークル・ブルッヘ ⇐ 鹿島 )        フル代表

 2018/01/19 豊川 雄太( オイペン ⇐ 岡山 )             リオ五輪世代 

 

ベルギー 2部

 2019/08/08 小池 龍太( ロケレン ⇐ )     リオ五輪世代

 2019/07/05 天野 純 ( ロケレン ⇐ 横浜FM ) フル代表

 

ポルトガル プリメイラ・リーガ(1部)

 2019/07/21 前田 大然( マリティモ ⇐ 松本山雅 )   東京五輪世代

 2019/07/16 中島 翔哉( ポルト アル・ドゥハイル ) フル代表

 2019/07/09 安西 幸輝( ポルティモネンセ ⇐ 鹿島 )  フル代表

 2019/04/18 菅嶋 弘希( ポルティモネンセ ⇐ 東京V)

 2019/01/29 権田 修一( ポルティモネンセ ⇐ 鳥栖 )  フル代表

 2019/01/15 安西 海斗( プラガ ⇐ 柏 )        東京五輪世代 

 

Embed from Getty Images

 

ポルトガル 2部 

 2019/01/25 小久保 玲央 ブライアン( ベンフィカB ⇐ 柏 ) パリ五輪世代

 

トルコ 1部 

 2018/01/31 長友 佑都(フィオレンティーナ?⇐ ガラタサライ ⇐ インテル   フル代表

 

セルビア 1部 

 2019/08/01 浅野 拓磨( パルチザン ⇐ ハノーファー  フル代表

 

Embed from Getty Images

 

ロシア 1部 

 2018/08/31 西村 拓真( CSKAモスクワ ⇐ 仙台 )

 

オーストリア 1部

 2019/07/31 北川 航也( ラピード・ウィーン 清水 )        フル代表

 2019/05/29 奥川 雅也( ザルツブルク 復帰 ⇐ ホルステン・キール )  リオ五輪世代

 2015/01/06 南野 拓実( ザルツブルク  セレッソ大阪 )        フル代表

 

Embed from Getty Images

 

スイス 1部

 2019/05/24 ハーフナー・ニッキ(トゥーン) リオ五輪世代

 

ノルウェー 1部

 2019/07/22 木下 康介( スターベク ⇐ シント=トロイデン ) リオ五輪世代

 

オーストラリア 1部

 

        本田 圭佑( ブレシア?  ヴェローナ? ⇐ メルボルン・ヴィクトリー 

 

日本 J1

 2019/08/14 酒井 高徳 ( 神戸 ⇐ ハンブルガー )           フル代表

 2019/08/05 井手口 陽介( ガンバ大阪 復帰 ⇐ グロイター・フュルツ  フル代表

 2019/06/28 関根 貴大 ( 浦和 ⇐ シント=トロイデン )          リオ五輪世代

 2019/06/24 宇佐美 貴史( ガンバ大阪 復帰 ⇐ ドゥッセルドルフ    フル代表

 2019/06/18 泉澤 仁  ( 横浜FM ⇐ ボゴニ・シュチェチン )

 2019/08/01 深堀 隼平 ( 名古屋 復帰  ⇐ ヴィトーリア )       東京五輪世代

        加藤 恒平( フエンラブラダ? ⇐ 鳥栖 )

        古橋 亨悟( AZ? フローニンヘン? ⇐ 神戸 ) 

 


日本代表、試合前の集合ポーズが変わった!

 

アジアカップ2019 UAE 大会、難敵イランを倒して遂に決勝にたどり着いた日本代表。現行2018-19 adidas モデルの着用はイラン戦で24試合目(森保体制としては10試合目)となるが、アウェイモデルを着用したのは、2018年3月のウクライナ戦のみ。E-1選手権、ロシアW杯、アジアカップと公式戦では全試合ホームモデルを着用している。決勝でもカタールが赤ホームの為、ホームモデルを着用するものと思われる。

 

ところが、ここにきて「ある変化」が。

 

試合前の「集合ポーズ」をこのアジアカップから変えているのだ。アジアカップ前最後の試合(2018年11月のキルギス戦)までは前列の6人は、片膝を立てて座るポーズだったが、アジアカップからは前列の選手は中腰のポーズに変わっている。元々この片膝立てポーズは、2009年11月18日のアジアカップ2011予選香港戦からとられていた。当時のスタメンは、川島、中澤、闘莉王、駒野、内田、遠藤、長谷部、松井、大久保、岡崎であった。

 

その後、南アフリカW杯、アジアカップ2011、ブラジルW杯、アジアカップ2015、ロシアW杯まで9年にわたって、このポーズで試合前画像として収まっていた。

 

筆者的には片膝立てポーズの方が締まる気がするが、今回の変化は、何か選手間でのコミュニケーションによるものなのだろうか? 槙野選手、長友選手あたりに訊いてみたいものだ。

 

Embed from Getty Images

2019/01/09 AFC Asian Cup Group F match against Turkmenistan at Al Nahyan Stadium in Abu Dhabi, United Arab Emirates

Embed from Getty Images

2018/11/20 International friendly match against Kyrgyz at Toyota Stadium in Toyota, Aichi, Japan

Embed from Getty Images

2018/06/19 FIFA World Cup Russia group H match against Colombia at Mordovia Arena in Saransk, Russia

Embed from Getty Images

2015/01/23 AFC Asian Cup Quarter Final match against United Arab Emirates at ANZ Stadium in Sydney, Australia

Embed from Getty Images

2014/06/24 FIFA World Cup Brazil Group C match against Colombia at Arena Pantanal in Cuiaba, Brazil

Embed from Getty Images

2011/01/21 AFC Asian Cup quarter final match against Qatar at Al-Gharafa Stadium in Doha, Qatar

Embed from Getty Images

2010/06/14 FIFA World Cup South Africa Group E match against Cameroon at the Free State Stadium in Bloemfontein, South Africa

Embed from Getty Images

2010/02/02 Kirin Challenge Cup Soccer match against Venezuela at Kyushu Sekiyu Dome in Oita, Japan

Embed from Getty Images

2009/11/14 International friendly match against South Africa at the Nelson Mandela Bay Stadium in Port Elizabeth, South Africa