Vegalta Sendai Football Team Kit Chronicle

ベガルタ仙台 歴代ユニフォーム

Team name:Vegalta Sendai/ベガルタ仙台

Founded   :1888

Hometown  :Sendai, Ibaraki

Ground  :Yurtec Stadium Sendai

Website  Wikipedia  Old Football Shirts 

 

2019 season

 J1 League:

 Nabisco Cup:

 Emperor's Cup:

 Shirt sponsor:IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ) 

 Kit manufacturer:adidas

Embed from Getty Images

Home:Ryo Germain/ジャーメイン良

 2019/03/02 J.League J1 match against Yokohama F.Marinos at Nissan Stadium in Yokohama, Kanagawa, Japan

Embed from Getty Images

GK Third:Daniel Schmidt/シュミット・ダニエル

 2019/03/02 J.League J1 match against Yokohama F.Marinos at Nissan Stadium in Yokohama, Kanagawa, Japan

ベガルタ仙台、2019年 adidas ホーム&アウェイ&GKキットを正式リリース

 

2019/1/12、正式リリース。今年はクラブ創設から25周年という節目を迎えることもあり、それを記念したデザインとなっている。ホームキットは、伝統のベガルタゴールドを基調に、斜めストライプで“流れ星”をイメージしたデザイン。「地域のシンボルとして親しまれ、誇りとなり、輝きを放ち続け、さらに進化する」という願いが込められている。アウェイは全身ホワイトの同色コーディネートで継続。カモフラ柄のGKキットは、ホームがフラッシュオレンジ、アウェイがブルー、サードがブラックとなる。

 

各部のスポンサーは、胸が「IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)」、背中上が「やまや」、左袖が「七十七銀行」、パンツが「KADAN(花壇自動車大学校)」となっている。エンブレムの2つの星は、チーム名“ベガルタ”の由来になっている織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)。全体をチームカラーのゴールド/ブルー/レッドで彩る。大きな鷲は彦星がある「わし座」に由来し、勝利をもたらす鷲として描かれている。

 

シャツ前面の裾には、クラブ創設25周年を記念したロゴマークをプリント。1994年10月にクラブの運営法人として「株式会社東北ハンドレッド(現・株式会社ベガルタ仙台)」を設立。同年11月に東北電力サッカー部を前身とする「ブランメル仙台」が誕生する。だがチーム名に商標権の問題が発生し、1999年のJ2リーグ参加と同時に「ベガルタ仙台」に変更となった。また今季の胸・背番号はフォントデザインが独特。シャツと同じく「流れ星」をイメージしている。 

 

【引用記事】

ベガルタ仙台が2019新ユニフォームを発表!今季は「25周年記念モデル」に(Qoly.jp)

Vegalta Sendai adidas Kits 2019(Todo Sobre Camisetas.com)

 

 

フォトギャラリー クリックすると拡大します