Team 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アル・ヒラル、創立60周年記念の2017-18年NIKサードモデル正式リリース!

 

2017/10/16、アル・ヒラルの2017-18年NIKE新ユニフォーム(サードモデル)が正式リリースされた。1957年10月創立のアル・ヒラルは今年で60周年を迎えた。それを記念したモデルで、2色のブルーを使っているが、クラブの伝統を損なわない配色。エンブレムの上下には「60 YEARS」と「1957-2017」が入り、エンブレム自体も光沢感で輝きを放つデザインとなっている。

 

ACL決勝で浦和レッズと対戦するアル・ヒラルは、2014年大会以来の決勝進出。このときはウェスタンシドニー・ワンダラーズに敗れ涙を飲んだが、今年でクラブ創立60周年の節目にタイトル獲得となるだろうか。サードのビジュアルイメージは真剣そのもので、カルロス・エドゥアルドも『待ってろ浦和』と言わんばかりに腕を組んで視線は真っすぐ。ホームゲームの決勝戦1stレグは、18日にキング・ファハド国際スタジアムで行われる。(Qoly.jpより引用)

 

フォトギャラリー クリックすると拡大表示されます


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アル・ヒラル、2017-18年NIKEニューモデル(ホーム&アウェイ)正式リリース!

 

2017/8/4、アル・ヒラルの2017-18年NIKE新ユニフォーム(ホーム&アウェイモデル)が正式リリースされた。バイアス柄(斜めストライプ)に濃淡が異なるブルーという、例年よりも凝ったデザインだ。サウジアラビアの国内リーグは「8月開幕・5月閉幕」なので、2月から始まるACLは新シーズンのタイミングでユニフォームが変わる。アル・ヒラルも5月の“ラウンド16”までは2016-17シーズンモデルを着用していた。

 

胸には“フォルクスワーゲン”、右袖には“Mobil 1”のスポンサーロゴが付く。背面のスポンサー“ABDUL SAMAD AL QURASHI”はサウジアラビアの香水専門店。湾岸諸国の王族やセレブも愛用しているとか。中東のイメージとかけ離れたポップなビジュアルイメージは、サウジのアーティスト“Rashid Al-Motaeeb”が手掛けたもので、鮫はアル・ヒラルのスピードや激しさを表現しているという。

 

アウェイキットはホワイトを使うことが多いが、今季モデルは同じくNikeのキットを使うFCバルセロナのアウェイに近いグリーン。ビジュアルイメージはホームユニフォームのそれによく似ている…というかほとんど同じ。中東というとどこか堅いイメージがあるが、ポップアートで見事に壊した。(Qoly.jpより引用)

 

フォトギャラリー クリックすると拡大表示されます